プラントの安全に対する関心が増々高まる昨今において、プラントの安全を確保する重要な手段である安全計装システムに関する関心も更に高まって来ています。この安全計装システムを評価する重要な指標が、PFDavg(作動要求時の危険側機能失敗平均確率)です。
 今回のワークショップでは、PFDavg(作動要求時の危険側機能失敗平均確率)を取り上げ,その基本的な考え方をご理解いただくセミナーと実際にPFDavgの値を計算する演習を組み合わせて行ないます。演習は少人数のグループ制で、機能安全研究WGのメンバーが懇切丁寧に対応致します。

 皆さまのご参加をお待ちしております。宜しくお願い申し上げます。

 是非とも多くの方々にご参加いただきますよう、ご案内申し上げます。
 また、ご関心のある方々などへ、本メールを転送・紹介していただけますと幸いです。

主 催

(一社)日本電気計測器工業会(JEMIMA)
産業システム機器・システム委員会 機能安全調査研究WG

日 程

2018年2月21日(水)10:00~17:00(9:30受付開始)

場 所

JEMIMA本部 計測会館 4階会議室
(最寄駅:東京メトロ 水天宮前、または東京メトロ・都営浅草線 人形町)

定 員

30名

参加費用

6,000円(税込)

申し込み方法

JEMIMA ホームページからお申し込みください。
定員になり次第、受付終了とさせていただきます。ご了承ください。

開催概要

上記サイトの「開催案内」をご確認ください。
案内チラシ