1. 職名及び人員

助教,1名

2. 任 期

3年(再任は1回限り可,任期は2年) ※将来,業績等の審査により,任期の定めのない職位へ昇任等となる可能性があります。

3. 給 与

年俸制を適用(国立大学法人上越教育大学年俸制適用職員給与規程による) ※年俸制では,退職手当は支給されません。

4. 所 属

大学院学校教育研究科 自然・生活教育学系

5. 専 門 分 野

電気工学

6. 応 募 資 格

(1) 博士の学位を有する者又は近いうちに博士の学位を取得する見込みがある者。
(2) 大学院修士課程の授業を担当できる者。
(3) 将来,連合大学院博士課程の研究指導を担当できることが望ましい。

7. 担当予定授業科目

(1) 大学院
実践場面分析演習「技術」 *
電気工学特論
電気回路特論
電気技術実験実習 教科内容構成特論「技術」 *
応用電気理論研究セミナーⅠ 応用電気理論研究セミナーⅡ
(2) 学 部
人間教育学セミナー(教職の意義) *
生活の中の科学 *
教職実践演習(幼・小・中・高) *
コンピュータアーキテクチャとメカトロニクス制御
電気工学概論
電気工学実験実習
基礎電子回路教科
内容構成「技術」 *
家庭電気・機械・情報 *
基礎電気理論セミナーⅠ
基礎電気理論セミナーⅡ
実践セミナー「技術」 *
(*は複数の教員の担当による授業科目を示します。)
※ 将来,状況によっては,上記以外の授業科目を担当する場合があります。

8. 採用予定日

平成30年4月1日

9. 応募締切日

平成29年9月27日(水)17時 必着

10. 応募書類

(1) 履歴書(本学の書式による)
(2) 教育研究業績書(本学の書式による)
(3) 主な教育研究業績 4点(論文については,別刷又はコピーでも可) なお,必要な場合は,上記以外の教育研究業績について,後日提出を依頼することがあります。
(4) 本学採用後の教育・研究・業務に対する抱負(約2,000字)
(5) 連絡先(日中に連絡のとれる電話番号及びEメールアドレス)
(6) 応募者の人物・業績について意見を伺うことができる方2名程度の氏名と連絡先 (所属,Eメールアドレス等)
(7) 返送用封筒(切手を貼付し返送先の宛先を明記したもの(宅配便着払伝票も可))選考終了後,応募書類の返却に使用します。返送用封筒又は宅配便着払伝票の送付がない場合,応募書類を返却いたしかねますので, ご留意願います。
※ (1)の「履歴書」及び(2)の「教育研究業績書」の様式は本学ホームページからダ ウンロードしてください。

11. 書類の提出先

〒943-8512 新潟県上越市山屋敷町1番地
上越教育大学総務課人事・労務チーム(人事担当) 宛
TEL 025(521)3217,3218(ダイヤルイン) E-mail:jinji@juen.ac.jp
※ 応募書類の封筒には「電気工学教員応募書類在中」と朱書し,必ず簡易書留で郵送してください。

12. 問合せ先

(1) 応募に関する問合せ先
〒943-8512 新潟県上越市山屋敷町1番地
上越教育大学 大学院 学校教育研究科 自然・生活教育学系 教授 黎 子椰(技術)
TEL 025(521)3403(ダイヤルイン) E-mail:liziye@juen.ac.jp
(2) 給与等についての問合せ先
上越教育大学総務課副課長(人事・労務担当)
TEL 025(521)3213(ダイヤルイン) E-mail:shingo@juen.ac.jp

13. その他

(1) 本学の大学憲章 及びミッションの再定義を十分に理解の上,応募してください。
(2) 本学における教員の選考基準は,「国立大学法人上越教育大学教員選考基準規程」に定められています。 本学の概要等は,本学ホームページに掲載されていますので御覧ください。
(3) 必要に応じて面接を行うことがあります。旅費は支給いたしません。
(4) 男女共同参画社会基本法(平成11年法律第78号)の趣旨に基づき選考を行います。
(5) 国籍は問いません。ただし,日本語を母語としない場合は,教育及び学内業務を遂行可能な十分な日本語能力を有する者に限ります。
(6) 本学の大学教員の定年は65歳です。
(7) 応募書類に含まれる個人情報については本選考のみに使用し,他の目的には使用 しません。
(8) 採用時には,麻疹(はしか)の抗体陽性を示す証明書の提出を要します。
(9) 採用後,学校現場の現状への理解等を深めるため,附属学校園等において大学教員初任者研修(全教員を対象)及び大学教員学校現場研修(学校現場での常勤の教員としての職歴がない方を対象)を受講していただきます。