応用物理学会関西支部 支部長 民谷 栄一

 近年、日本の競争力低下とともに産業界と学術界の乖離が危惧されています。産業界と学術界は応用物理学会にとって基礎となる両輪であり、産業競争力維持や将来的に意義のある基礎研究のためには、両者の結びつきが重要です。関西支部では、初の試みとして、企業と大学の研究者が一同に会する「産業界と学術界の交流」を企画しました。講演会では、代表的な企業における研究の現状と将来展望を講演いただきます。ポスター発表では、大学と企業から産業応用に向けた最先端研究をご紹介いただき、より密な交流を図っていただくことを目的としております。
 

【主 催】

応用物理学会 関西支部

【日 時】

2017年2月24日(金)13:00 開場、14:00 講演開始

【場 所】

大阪大学 中之島センター10 階 佐治敬三メモリアルホール
〒530-0005 大阪市北区中之島 4-3-53(京阪電鉄「中之島駅」より徒歩約5分)
TEL: 06-6444-2100

【内 容】

第一部:講演の部「企業における研究の現状と未来」
14:00~14:05 開会の辞 民谷栄一(支部長, 阪大)
14:05~14:35 「赤外線天文学の経験と産業界での赤外線検出技術の開発について」 小田直樹(日本電気(株) )
14:35~15:05 「機能デバイスの研究開発と事業化」佐竹徹也(三菱電機(株))
15:05~15:35 「熱原子層堆積法(Thermal-ALD)を用いた薄膜固体電解質 -窒化リン酸リチウム(LiPON)-の形成」柴田 聡(パナソニック(株))
15:35~15:50 休憩
15:50~16:20 「ニューダイヤモンドの創製と実用化」角谷均(住友電工(株))
16:20~16:50 「研究から事業へ~マイクロ流体デバイスの実用化を例に」西本尚弘((株)島津製作所)
16:50~17:20 「The borderless world」高須秀視(元ローム(株) )
第二部:ポスター発表の部「産業応用に向けた最先端研究」
17:30~18:50 ポスター発表(30件程度)
産業応用に向けた研究、その他のテーマの研究を広く募集します。大学、研究機関、企業の研究者が対象です。
★200字程度のポスター要旨をご提出いただきます。
★優秀なポスター発表には賞を授与しますので,ふるってお申込み下さい。(受賞対象者は発表日以降の4月1日時点で満33才以下の者とします)
★ポスター発表される学生にはトラベルサポートを行います.
19:00~21:00 授賞式・懇親会(9F 交流サロン「サロン・ド・ラミカル」)

【申込方法】

ポスター発表をご希望の方は,関西支部のウェブサイト より予稿テンプレートをダウンロードの上,必要事項を記入してメール添付にて下記までお送りください。聴講のみの方は講演会名,氏名,所属,所属学会,連絡先(住所・電話番号・FAX 番号),懇親会の出欠(参加/不参加)を明記の上,電子メール,FAX,往復はがき(返信宛先記入)により下記までお申し込み下さい。

【定 員】

100名(申込順)

【申込締切】

1月27日(金)(ポスター発表希望の場合) 2月15日(水)(聴講のみの場合)

【参 加 費】

応物会員は無料.非会員は資料代 1,000 円
(予定)

【懇 親 会】

3,000円(一般)、1,000 円(学生)

【申 込 先】

応用物理学会 関西支部事務局
〒565-0871 吹田市山田丘2-1 大阪大学 大学院 工学研究科 応用物理学専攻内
TEL / Fax:06-4864-0125(火,木曜日のみ) e-mail:secretary@jsap-kansai.jp

【問合せ先】

松本 雅子(応用物理学会関西支部事務局) secretary@jsap-kansai.jp