SICEが協賛しておりますに特定非営利活動法人慣性センサ応用技術研究協会 第5回定期講演会~自動運転のためのナビゲーション技術の現状と課題~関して,開催案内が届きました.ご興味のある方はご参加をお願いします.

特定非営利活動法人慣性センサ応用技術研究協会では,10月20日に自動運転に関する講演会を開催いたします.自動運転は,昨今話題になっている技術で,シンポジウム,講演会も多数開催されておりますし,政府の開発計画(SIPプログラム)も進められております.弊協会の企画では,SIPが取り上げていない,計測系の問題を中心に,ナビゲーション技術の現状と問題点を取り上げます.7つ講演と最後のパネルディスカッションという内容で,朝9時開始,午後5時30分に終了という丸一日をかける内容です.
 画像を基礎とする企画が多いですが,事故位置推定精度の向上やその不確かさの天候依存性などは,欠かせない検討項目の筈と思われます.多くの方々の参加を,企画担当者一同お待ち申し上げて居ります.万障お繰り合わせのうえご参加下さいますよう,ご案内申し上げます.

主 催

特定非営利活動法人慣性センサ応用技術研究協会

協 賛

日本機械学会,自動車技術会(予定),電気学会,応用物理学会,ロボット学会(予定),産業用ロボット工業会,土木学会,次世代センサ協議会,電子情報通信学会,その他連絡中

開催場所

機械振興会館 B3 研究室2

開催日

平成29年10月20日

参加費

協会会員 協会団体会員 学生会員 一般 入会する場合 応物学会会員 機械学会会員
8,000円 5,000円 3,000円 16,000円 10,500円 12,000円 8,000円

懇親会参加費用 4,500円(東京タワー2Fレストラン)

申し込み方法

協会ホームページから書き込み
②協会にメール office@traisa.org
③電話 080-50360056
④添付の申込用紙に記入の上,協会にメールで送付
⑤添付の申込用紙に記入の上,協会にFAXで送付 FAX番号042-308-0282

プログラム(開場 8:30,敬称略)

9:00~9:50
自動運転技術開発の歴史と現状:古川修(芝浦工業大学)
9:55~10:45
超小型原子時計の開発課題:五箇繁善(首都大学東京)
10:50~11:40
自動運転とcm級測位補強サービス:瀧口純一(三菱電機)
12:30-13:20
自動運転技術に貢献する「ダイナミックマップ」の実現に向けて:
藤尾秀樹(ダイナミックマップ基盤企画)
13:25~14:15
MEMSジャイロスコープの革新的高性能化技術の最新動向:田中秀治(東北大学)
14:20~15:10
LiDARの現状と開発課題:米竹淳一郎(コニカミノルタ)
15:15~16:05
大規模機械学習のための基盤ソフトウェア:河野健二(慶應義塾大学)
16:10~17:25    
パネルディスカッション:「2020年SAEレベル3は実現するか?」
モデレータ,本多敏(慶應義塾大学),パネリスト,講演者全員

終了後,東京タワー内のレストランで開催する懇親会にも,是非お申し込みください.自動車の自動運転技術は,その他の機械の自動運転技術にも使え,農業機械,建設機械,林業機械,等が考えられます.多くの方の参加をお待ち申し上げます.