日本神経回路学会第28回全国大会(JNNS2018)が10月24日(水)~27日(土)にかけて沖縄科学技術大学院大学(沖縄県・恩納村)にて開催されます。本大会は、JNNS主催による年1回の定期大会であり、神経情報処理に関する最新の研究発表と議論を目的としています。

主 催

日本神経回路学会

共 催

沖縄科学技術大学院大学、新学術領域研究「人工知能と脳科学」

協 賛

日本神経科学学会、一般社団法人 映像情報メディア学会 、公益社団法人 、計測自動御学会 、一般社団法人 情報処理学会、一般社団法人 人工知能学会、一般社団法人 電気学会、一般社団法人 電子情報通信学会、一般社団法人 日本応用数理学会、一般社団法人日本音響学会、一般社団法人 日本機械学会、一般社団法人 日本シミュレーション学会 日本知能情報ファジィ学会 、一般社団法人 日本認知科学会、一般社団法人 日本バーチャルリアリティ学会 、一般社団法人 日本ロボット学会、特定非営利活動法人 ヒューマンインターフェース学会 、 一般財団法人 ファジィシステム研究所 (2018年5月1日現在)

基調講演

甘利俊一先生(理化学研究所)
Prof. Tomaso Poggio (MIT)

シンポジウム

全脳アーキテクチャ:山川 宏(ドワンゴ)
多層スパイキングネットワークの学習:豊泉 太郎(理化学研究所)
記号創発ロボティクス:谷口 忠大(立命館大学)

チュートリアル(10月24日)

ディープラーニングの基礎:松尾豊ラボ(東京大学)
ディープラーニングの脳科学応用:神谷 之康(京都大学)
リカレントネットとロボティクス:尾形 哲也(早稲田大学)

演題募集

 JNNS2018では、神経情報処理に関わる生理学、心理学、数理モデリング、機械学習、情報科学など幅広い分野の研究発表を募集いたします。応募資格は、発表者がJNNSあるいは協賛学会の会員であることです。ただし、海外からの参加者に限り、非会員であっても応募することができます。発表者となれるのは1人1件に限りますが、複数の発表にわたって共著者となることは可能です。
 発表論文は、ウェブサイトで提供されるLaTeXスタイルファイルまたはWordテンプレートをご利用の上、A4用紙・2頁、英語でご執筆ください。投稿はウェブサイトで受け付けます。投稿締切は日本時間の2018年6月30日です。
投稿されたすべての論文はプログラム委員による査読を経て、2018年8月20日までに採否を通知いたします。採択論文の発表者は2018年8月31日までに必ず事前参加登録をお済ませください。事前参加登録がなされていない場合、その方の投稿は取り下げられたものとします。

発表形式

一般発表はポスターセッションで行います。ただし、多くの聴衆の興味を喚起すると判断された論文については、プログラム委員会から口頭発表を依頼します。

主なスケジュール

5月1日: 事前参加登録受付開始
6月30日: 論文募集締切
8月31日: 事前参加登録受付終了
10月18日: 通常参加登録受付終了
10月24〜27日: 全国大会
実行委員長:銅谷 賢治(沖縄科学技術大学院大学)
プログラム委員長:谷 淳(沖縄科学技術大学院大学)
出版委員長:宮田 龍太(琉球大学)
広報委員長:佐藤 尚(沖縄工業高等専門学校)
財務委員長:塚田 啓道(沖縄科学技術大学院大学)

大会事務局

〒904-0495 沖縄県国頭郡恩納村谷茶1919-1
沖縄科学技術大学院大学 神経計算ユニット
松尾 起久子、斎藤 みすづ、安里 恵美子
E-mail:ncus(at)oist.jp