主 催

公益社団法人計測自動制御学会

企 画

部門協議会企業会員向けサービス強化WG・事業会員サービス委員会

協 賛

システム制御情報学会,日本ロボット学会,化学工学会,精密工学会,日本工学会,日本生体医工学会,
日本電気制御機器工業会,日本分析機器工業会,品質工学会,日本電気計測器工業会(依頼中)

 計測自動制御学会SICEは,計測・制御・システム分野の研究を通じて,産業と社会に貢献するイノベーションを実現して来ました.人工知能技術が着目される現在においても,周囲の環境を正確に認識するセンシング技術と,ハードウェアを緻密に操作するオートメーション技術,そして,各要素を統括して高度な目標を達成するシステム技術は不可欠であり,その重要性はますます高まっています.本セミナーは,SICEの最先端研究を,各分野で活躍されている第一人者の方々から,専門外・企業会員の方にも理解しやすいよう解説いただくセミナーであり,当分野の裾野を広げること,産業界への応用を促進することを目的としています.

期 日

2020年3月9日(月) 10:30~17:50(受付10:00開始)

会 場

東京電機大学 東京千住キャンパス 1号館2階1204セミナー室
〔東京都足立区千住旭町5番〕
交 通:北千住駅 東口(電大口)から徒歩1分

講 師

新 誠一先生(電気通信大学),本多 敏先生(慶応義塾大学),藤田 政之先生(東京工業大学),
久保田 直行先生(首都大学東京),安藤 慶昭氏(産業技術総合研究所),牧川 方昭先生(立命館大学)

講演内容

10:30~10:35 開催の趣旨

10:35~11:35 センシングからシステムまでの産学連携(新 誠一先生)
産学連携では,産側の事情に応じた学側の知識提供が必須である.まずはセンシング,つぎに制御.最後にシステム技術である.実際の連携経験から,産学連携の秘訣「産の使い方,学の使い方」に関して提示する.

11:35~12:35 新たな地平を切り開くセンシング(本多 敏先生)
社会と産業を支える計測・制御・システムインテグレーション」(横幹連合学会マップ)を担う学会として,Society5.0・SDGs達成に貢献しようとしている.その一翼を担うセンシング技術の現状と将来について部門の活動を通して紹介する.

13:30~14:30 分散協調EMSから自律認知CPSへ -人間中心のシステム制御に向けて-(藤田 政之先生)
分散協調型エネルギーマネジメントシステム(EMS)を中心として,スマートグリッド/スマートシティなどネットワーク化されたサイバーフィジカルシステム(CPS)のスマート化(Smart-X)が進んでいる.これまでシステム制御が貢献してきたSmart-Xを概観し,新たな機械学習の時代を迎えてこれからの自律認知型CPSの構築に向けた未来像を展望する.また人間中心の科学技術を目指したCPHS(Cyber-Physical & Human Systems)への期待を紹介する.

14:30~15:30 知能化技術とロボット技術に基づくシステム化(久保田 直行先生)
近年,さまざまなロボットが開発され,災害時にロボットが動的・未知な環境で自律的に情報収集を行ったり,人間との共生を目指したコミュニケーションを行うためには,知能化技術が重要な役割を果たす.本講演では,知能化技術とロボット技術に基づくシステム化について議論するとともに,今後の課題について検討する.

15:40~16:40 システムインテグレーション技術としてのロボットミドルウェア(安藤 慶昭氏)
ロボットシステム開発の効率化による開発コストの削減のため取り組んでいる,ロボットミドルウェア,開発支援ツール,開発・検証・テスト手法の研究開発について紹介する.
16:40~17:40 人生100年時代の健康・医療・福祉機器開発の方向(牧川 方昭先生)
人生100年時代の到来を受けて,多くの企業が健康・医療・福祉機器産業への進出を考えている.30余年の生体工学機器研究の経験を基に,ここでは健康・医療・福祉機器の開発の方向性と課題について話題を提供する.

17:40~17:50 SICE年間活動紹介

定 員

100名 (定員になり次第,締め切ります)
Web配信:47組(賛助会員の方のみ。定員になり次第,締め切ります)

参 加 費

正会員※ 8,000円
一般 15,000円
Web配信参加費 15,000円
(賛助会員のみ、企業内で複数名参加可)

※) 賛助会員および、協賛学会の正会員含む

申込方法

学会部門行事申込ページからお申し込みください.
※お申込みの方全員に請求書を発行いたします

参加費振込方法

以下の口座にお振込みください.
三菱UFJ銀行 本郷支店
普通 口座番号 108600
口座名義 公益社団法人計測自動制御学会 シャ)ケイソクジドウセイギョガッカイ

申込締切

2020年2月15日(土)

問合せ先

計測自動制御学会 事業会員サービス委員会担当(田中)
電話(03)- 3292-0314, FAX(03)- 3292-3145
E-mail:tanaka@sice.or.jp

Web配信のご案内

SICEでは、今回初めて、Web会議システムを利用したチュートリアルWeb配信での同時開催を行います.チュートリアルWeb配信へはご自身のパソコンからインターネット経由でご参加いただけるため,従来かかった出張費用,移動時間が大幅に削減されることが期待されます.
○チュートリアルWeb配信で利用するシステム
Cisco社のWEBEX(オンラインミーティングシステム)を使用します。講師音声と講師プレゼンスライドを配信致します。プレゼンスライドがそのまま聴講者側のPCに表示されます。
ビデオカメラ撮影による会場のライブ配信ではございませんのでご注意ください.
○参加申込資格:
計測自動制御学会 賛助会員となります.
複数人聴講に関して、お申込される方は計測自動制御学会賛助会員の資格で申込する必要がありますが、聴講者の会員資格は問いません(どなたでも聴講可能です)。
○参加費用
15,000円
○準備いただくもの
インターネットに接続されたPC(無線接続視聴可能ですが、通信の安定性から有線接続を推奨いたします),モニタ,スピーカまたはヘッドフォン,キーボード,マウス。
○遠隔配信システム(WEBEX)のログインテストについて:
WEBEXのログインテストはURLから行えます。

以下手順となります。
1.Name欄にお名前、Email address欄にメールアドレスを記入して、「Join」をクリックしてください。入力したお名前とメールアドレスは特にWEBEXに保存や登録されるものではありませんので、適当なもので大丈夫です。
2.初めてアクセスする場合はインストール用のファイルがダウンロードされますので実行してください。
3.実行すると、自動的に別ウインドウが立ち上がり、%で立ち上げの進行が確認できます。
4.進行が100%となり会議がスタートします。ウインドウ名は「Cisco WebEx Meeting Center」です。
5.「Connect Audio」をクリックして会議を開始します。
6.画面右側に表示される「Participants」欄にログイン時に記入いただいたお名前が記載されていれば成功です。 (表示がない場合は、画面下部に並ぶ丸いアイコンの向かって右から4つ目をクリックします。)
7.画面下部に並ぶ丸いアイコンの向かって一番右をクリックしてテスト会議より退出してください。チュートリアル

——————————————————
チュートリアルWeb配信参加に際しての注意事項
——————————————————
1.チュートリアルWeb配信参加のための技術的なサポートはできませんので,ご了承ください.
2.講師都合により,一部遠隔配信されないスライド資料がある場合がございます.
3.技術上の問題から,当日質疑応答時の,遠隔参加者からの講師の方へのご質問は受け付けできません.
 (時間のある場合は,チャットで質問を受付する場合もございます.)
4.チュートリアルWeb配信にて配信される映像・音声等の,録画・録音・複製と、配布しておりますテキストデータの二次配布は一切禁止致します.
5.遠隔配信に回復不能なトラブルが発生した場合は,本会場での講演を優先し,遠隔配信を中止・中断する場合がございます.中止/中断の場合はお申込み頂いたメール アドレスにEメールでご連絡することになります.Eメールの受信確認をお願い致します.
6.今回申込いただいた賛助会員につき、1台PCから接続できます.複数人視聴する場合は接続したPCを多人数で視聴いただくことが可能です.
7.当日,参加される前に,PCのマイクを必ずOFFにしてください.ハウリングを起こす場合があります.
8.当日は,退席,再接続は自由です.その旨連絡しないでください.
9.当日,チュートリアル担当者へ質問がございましたら,WEB会議システム上のチャットにより「主催者」へ     質問をしてください.決して,マイク等で質問しないようにお願いいたします.