SICEも参加している「東日本大震災の総合対応に関する学協会連絡会」(日本学術会議)より、来年1月に開催される表記東京会議2日目に実施されるポスターセッションに対する公募のお知らせが来ています。参加を希望する方は、下記にてご応募ください。

会議名

防災・減災に関する国際研究のための東京会議 ー災害リスクの軽減と持続可能な開発を統合した新たな科学技術の構築へ向けてー

主 催

日本学術会議
国連国際防災戦略事務局 (UNISDR)
災害リスク統合研究 (IRDR)
東京大学 伊藤国際学術研究センター

会 場

東京大学 伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール

期 日

2015年1月14日(水)-16日(金)

趣旨抜粋

 第3回世界防災会議(2015年3月仙台)の開催前に、同会議に参加する世界の指導者とトップクラスの研究者を招聘して、防災・減災と持続可能な開発の双方を達成する防災・減災科学技術のあり方を次の3つの観点、第一(防災、環境、地球観測の連携)、第二(科学と社会の連携)、第三(分野間連携)から議論する。以上を踏まえ、持続可能な開発を担保するために、政策・計画・プログラムのすべての面で持続的開発と災害軽減との密接な連携を実現させ、災害リスク軽減を実現する体制・仕組み・人材を社会の各層において確立し、災害マネジメントサイクルのすべての局面において災害リスク軽減につながる新たな防災・減災科学技術の構築へ向けた提言を行う。

詳 細

こちらのホームページをご覧下さい。