ご挨拶

SICEは1961年9月に「日本計測学会」と「自動制御研究会」とが統合合併する形で誕生し、本年9月に創立60年を迎えます。60周年を「還暦」と位置づけ、60歳以降の「新生SICE」のスタートに向けた活動を意識して記念事業を企画してきました。すでに「計測と制御」の特集号(本年7月発刊)において述べましたように、基本的な認識は「SICEの時代」の到来ということにあります。すなわち、計測・制御・システム・システムインテグレーションを軸とするSICEにとって、世界的規模の様々な課題の解決やSDGs(持続可能な開発目標)の方向性は追い風であり、この機を生かしSICEがリードする科学技術の展開を強く推進していくことが望まれています。またこの展開は、製造業を中心とする産業界の構造転換に大きな力を与えるものと期待できるものと考えています。

SICE2021期間中に開催される「60周年記念式典」においては、上記の認識のもと進めてきた記念事業ならびに新生SICEに向けた活動を紹介します。さらに、特集号のキーワードであった「つなぐSICE」というという視点に焦点を当てたパネル討論「つなぐSICE:グローバルの視点」も予定しており、会員皆様と共にこれからのSICEを考え議論できるる場が提供できればと考えております。コロナ渦での開催ということでオンラインでの開催となりますが、多くの会員の皆様の参加を心よりお待ちしております。
 
 
  SICE60周年実行委員会 共同実行委員長
東京大学・東京工業大学 名誉教授 原 辰次

SICE60周年実行委員会 共同実行委員長
アズビル株式会社 代表取締役会長 曽禰 寛純