日本工学会

日本工学会は、1879年に工部大学校(東京大学工学部の前身)の第1回卒業生23名によって創立された日本で最初の工学系学術団体です。我が国の工学の発展に伴い、分野ごとに個別の学会が設立されるのに伴って、1922年に個人会員制から学協会を会員とする体制に変更され、現在に至っています。現在は約100学協会により構成されています。SICEもその会員として連携活動を行っています。
日本工学会会長 岸本喜久雄様からのご祝辞

創立六十周年を迎えられましたことを心からお祝い申し上げます。貴会は長きにわたり計測と制御を中心とした学術に関する我が国の基幹学会として、その発展に多大な貢献をされてきており、歴代会長はじめ会員の皆様のたゆみないご努力に深く敬意を表します。人類が直面している複雑で多様な問題を解決し、より良い社会を築いていくためには、学術の発展と普及を担う学協会には、専門分野の深耕と専門分野の枠を超えた共創が求められています。創立六十周年を迎えられました貴会が「新生SICE」として,さらなる進化を遂げられるとともに、他の学術団体との連携を一層深められ、人々の暮らしと社会の発展に大きく貢献されることを期待し、祝辞といたします。


横断型基幹科学技術研究団体連合

横断型基幹科学技術研究団体連合(通称、横幹連合)は2003年4月に発足し、文理にまたがる35学会が、自然科学とならぶ技術の基礎である「基幹科学」の発展と振興をめざして大同団結した団体で、SICEはその中核団体の1つとして多くの連携活動を行っています。
横幹連合会長 安岡善文様からのご祝辞

計測自動制御学会創立60周年おめでとうございます。

60年といえば人間で言えば還暦、生まれたときに戻って再び出直すという意味だそうです。SICEもまさに新たに出直すことを学会誌「計測と制御」のSICE60周年記念特集号で宣言され、“つなぐSICE”として新生することを旗印に掲げられました。気候変動や生物多様性の減少、さらには感染症の拡大などの人間活動に起因するに複雑な問題(wicked problem)に対処するためには、人文社会科学を含む様々な科学技術を繋ぐことが不可欠です。さらにそれを社会にまでつなげて、対策を考えなくてはなりません。

新生SICEが新たな60年を、科学技術をつなぎ社会につなぐことを目標に進まれることは、今日の学会のあるべき一つの方向を示されたのではないでしょうか。横幹連合もともに歩みを進めます。計測自動制御学会の益々の発展を祈念いたします。


システム制御情報学会

システム制御情報学会(ISCIE)は1957年「日本自動制御協会」の名称で設立され、1988年6月に「システム制御情報学会」と名称を変更し、現在に至っています。古くより当学会と密接な関係があり、関西支部との連携行事やスーパーサイエンスハイスクール(SSH)、女子中高生夏の学校、計測展、IIFESへの共同出展など様々な連携活動を行っています。
システム制御情報学会会長 五福明夫様からのご祝辞

システム制御情報学会の第65期の会長をしております、岡山大学の五福です。 計測自動制御学会様の創立60周年にあたり、一言ご祝辞を申し上げます。

計測自動制御学会様は日本計測学会と自動制御研究会の2団体が合併して1961年に発足したと聞いておりますが、それ以来の60年間、日本や世界での計測、制御に関する主要学会として、この分野の学術の発展や研究者および技術者の育成に多大な貢献をされてきました。現在、IoT技術や人工知能技術が進展する中で、計測と制御の技術は、これまでのような工業プラントや社会インフラだけでなく、日常生活にも深く適用されてきており、技術発展や技術者の育成がこれまで以上に期待されているところです。

日本の学会がなかなか世界的な認知が得られない中で、2004年頃には、いち早くSICE学術講演会を英語化され、また、2008年には英文論文集を発刊されるなど、日本の計測および制御技術の世界への発信にも努力されておられます。さらに、部門制の下で、各部門が創意工夫をされて国際的な企画をされておられます。このようなご努力の結果、現在では国際的な影響力を確固たるものとされております。

昨年来の新型コロナウィルス感染症の影響により、対面による国際交流がなかなかできない中においても、大会などのオンライン化だけでも大変なところ、「ポストコロナ未来社会ワークショップ」を6回も精力的に開催されて、新型コロナウィルス感染症の終息後の世界を見据えた活動を積極的に企画されており、同じ分野の学会として計測自動制御学会様のパワーと企画力を見習いたいと思っておりますし、今後ともこれまでと同様に様々な企画や行事で連携をお願いしたいと思います。

今後とも計測自動制御学会様が日本を代表する学会の1つとして、学術の進展と人材育成などにおいて世界的な貢献をされ、ますます発展されることを祈念しております。 本日は創立60周年、どうもおめでとうございます。


IEEE Control Systems Society(CSS), the United States

IEEE CSS(Control Systems Society)とは古くから親交があり、1998年に相互協力の覚書を締結し、 以来SICE Annual ConferenceのTechnical Co-sponsorとしてプレナリ講演、 IEEE XplorerでのAC論文の公開などの協力をいただいております。
Congratulatory Message from Prof.Thomas Parisini,IEEE-CSS President

I’m Thomas Parisini, the 2021-2022 President of the Control Systems Society. It is a great honour and privilege to deliver this congratulatory message by the IEEE Control Systems Society to the Society for Instruments and Control Engineers.

It is particularly important to celebrate the longterm friendship between the two societies this year that marks the 60th anniversary of the Society for Instruments and Control Engineers.

The first agreement between the two societies has been signed more than 20 years ago starting from the initiative of Hidenori Kimura at the 1996 IEEE Conference on Decision and Control that was held in Kobe.

So, it is more than 20 years that we are close friends and this is fantastic! The agreement has been renewed in 2020 for another five years. We keep on mutually co-sponsoring our main conferences and establishing so many collaborations. Many more will come in the future.

On a personal note, of course it is sad that I cannot come in person in Tokyo meeting so many good scientists and friends and also visiting Japan, a country that I love. But I’m the first CSS President serving for two years and therefore I very much hope to be able to attend in person next year SICE annual conference and visiting some of your great universities and companies while in Japan.

In closing, I wish you all a wonderful conference.

Domo arigato gozaimasu


the Institute of Control, Robotics, and Systems (ICROS), Korea

韓国のICROS(the Institute of Control, Robotics, and Systems)とは 2000年10月にその前身であるICASE(the Institute of Control, Automation and Systems Engineers) と相互協力の覚書を締結し、2006年に釜山でSICE-ICCAS2006,さらに2009年には、福岡でICCAS-SICE2009を共同開催するなど親密な関係を維持しています。
Congratulatory Message from Prof. Doo Yong Lee, ICROS President

Hello everyone, I am Doo Yong Lee, President of Institute of Control, Robotics, and Systems. It is my honor to send this message to friends and participants of the 2021 SICE Annual Conference. This year is special because we are celebrating the 60th anniversary of SICE. The Society of Instrument and Control Engineers, and the Institute of Control, Robotics, and Systems have long tradition of friendship and cooperation. I wish I could be there in person to witness the exciting interactions of friends and colleagues, and congratulate the successful SICE 2021. I wish all the best to everyone there, and I am looking forward to meeting you in person in near future. Thank you, Arigato gozaimasu!



The Technical Committee on Control Theory (TCCT), China

Chinese Automation Association(CAA)には1980年代に学術講演 会で国際セッションを設けてから技術協賛の関係があり、2015年に杭州でSICE2015とCCC2015の合同開催を行いました。
Congratulatory Message from Prof. Yiguang Hong, TCCT President

I am Yiguang Hong, the president of Technical Committee on Control Theory (TCCT), CAA. Firstly, I want to congratulate the Society of Instrument and Control Engineers (SICE) on its 60th anniversary and the success of SICE2021. Secondly, I would like to thank SICE for the great support to TCCT and our flag conference, Chinese Control Conference (CCC). With your support, CCC2021, held in Shanghai, was very successful with more than 2000 attendees. Finally, I hope TCCT and SICE to keep working together for future opportunities, and let the friendship between TCCT and SICE become stronger and last forever.



Electrical Engineering/Electronics, Computer, Telecommunications and Information Technology (ECTI), Thailand

SICE2020はタイのElectrical Engineering/Electronics, Computer, Telecommunications and Information Technology(ECTI) の全面的なご協力により、チェンマイでの開催を予定していましたが、新型コロナ禍の影響により、学会初のオンライン開催となりました。しかし、それに先立ち、バンコクではECTIによりSICE Weekが開催され、多くの子供たちに体験イベントを楽しんでいただきました。
Congratulatory Message from Assoc. Prof. Dr. Sinchai KAMOLPHIWONG, ECTI President

This year 2021, SICE will ceremony for the 60th anniversary during the SICE Annual Conference. ECTI would like to express our big congratulations on this special occasion. ECTI has a long-time friendship between ECTI and SICE. Our first MoU was signed in November 2014, and we still keep our collaborations actively. This year, ECTI is honored to be a technical co-sponsor of the SICE Annual Conference. May I take this opportunity to convey my very best wishes for a successful and productive conference.

Chinese Automatic Control Society(CACS), Taiwan

Chinese Automatic Control Society(CACS)とは2004年に相互協力の覚書を締結し、CACSの多大な協力により、2010年TaipeiでのSICE2010 Annual Conferenceは約1000名の参加者により盛大に開催することができました。日本人以外の参加者も約20%と、Annual Conferenceの国際化を確固たるものとしました。
Congratulatory Message from Assoc. Prof. Jia-Yush Yen, CACS President

Dear President Fujita, SICE Members
On behalf of CACS Taiwan, I would like to express my congratulations on the 50th anniversary of your society.
SICE represents the control engineers in Japan, whose control society has been one of the most active societies in the world. Over the past years, the Japanese control society has made many important theoretical and experimental contributions in the area of control. What’s more valuable is that you have been able to apply these results in the industry and made some stunning demonstrations and products.
Japanese control society has been a role model in the integration of academic research and the high-tech industries.
I am very honored to have the chance to participate in the 50th birthday of your society. SICE and CACS have had a very long history of friendship, and there had been an official agreement since 2004. I want to use this opportunity also to celebrate this long friendship. And, let me use this opportunity to wish you a very happy 50th Birthday and a very prosperous future.