来年、支部設立50周年を迎えるSICE関西支部では、支部50周年記念連携企画として実施した特別見学会において、新幹線電気軌道総合試験車 (通称:ドクターイエロー)の試乗見学会が行われました。
 2015年10月某日、見学会参加者一同は博多駅から新大阪駅までの区間を試乗し、270km/hで走行する車中での検査測定作業、その機器等を見学し、新幹線の安全や快適性を守る日本の技術を体感しました。
 普段見ることのできないドクターイエロー車内やその作業風景に参加者の皆さんの関心も高く、あっという間に新大阪駅到着となり、盛況のうちに試乗を終えました。

(文責:事務局井端)
 


博多駅で出発を待つドクターイエローの前での集合写真。

車内では、ドクターイエローのレクチャー
も行われました。

検査測定作業の見学もおこないました。

ドクターイエローの観測ドームからの眺め。