SICEも協力学術研究団体になっている日本学術会議より、今般の熊本地震により、学術の観点で起こっている問題点についての問い合わせがありました。情報をお持ちの方は、下記までご連絡ください。

会員、連携会員、協力学術研究団体各位

 4月22日に幹事会が開催されました。その際、建築学の観点から和田章先生、地震学の観点から加藤照之先生からお話をいただき、その後、幹事会のメンバーとの意見交換を行いました。
 その中で、実験のマウスを飼うための水がなくなって困っている、被災した学生の受け入れ先など起こっている問題点について指摘がなされ、学術会議 としても、先ずは学術の観点から、情報収集することが必要ではないか等の意見が出されました。
 そこで、会員、連携会員、協力学術研究団体の各位におかれましては、熊本地震により、学術の観点から起こっている問題点(現在、何らかの対応をしているのであれば、それも併せて付記)について、ショートノーティスで申し分けありませんが、26日(火)の15時頃までに下記のメールアドレスまでお知らせいただけると幸いです。

【返信先メールアドレス】

ikenbosyu@scj.go.jp

【お問い合わせ先】

内閣府日本学術会議 企画課
Tel:03-3403-1250 Fax:03-3403-1260