CCC&SICE2015は30日(木曜日)に終わりましたが、31日(金曜日)には産業応用部門計測制御ネットワーク部会が主催し、SICE国際委員会とSICE国際標準化委員会が共催する、「Industrial Communication International Symposium」が開催されました。これはSICE2015開催中に行われたネットワーク部会と国際標準化委員会が主催したOSをフォローアップする形で行われたシンポジウムで、OSの内容を深掘りするために行われ、6時間に及び大変有効な議論が行われました。
 さて杭州と言えば、世界遺産西湖で有名な中国有数の観光地です。西湖の美しさは、古くから多くの漢詩に謳われています。西湖の観光を終え、ホテルに戻ってきたときには、きれいな満月を見ることもできました。
 先生方皆さんのご努力とご援助のおかげで大きなトラブルもなく今年最大のイベントのひとつを無事終えることができました。どうもありがとうございました。

(文責:SICE事務局 井端)


金曜日に開催された産業用ネットワーク国際シンポジウムには、前日の関連OSに参加したコアメンバーを中心に30名程度が参加し、国際的なシンポジウムになりました。

写真2:西湖の美しさは、宋代の詩人、蘇軾(そしょく)が西湖を中国4大美女のひとり西施(せいし)に例えて漢詩に謳ったことでも有名です。この詩が、この湖を西湖と呼ぶようになったいわれとも言われています。

写真3:西湖のほとりで、地面に水で絵画を描いていた中国老人。以前ここを訪れた際には、2本の筆を持ち、右手と左手で違う漢詩を書く老人を見たこともあります。

写真4:SICE2015の会場だった杭州インターコンチネンタルホテルの上に輝く、満月。1か月に2回目満月が見られることは限られており、この2回目の満月のことをブルームーンと呼びます。