プロセス産業における事故の背景として、リスクの評価と対策さらに理解が不十分であることが挙げられています。
 有効なリスク低減対策である機能安全の達成には、ユーザ側でも、IEC 61511-1に準拠した安全計装システムを構築する必要があります。その実現には,安全度水準(SIL)が要求されます。
 本ワークショップは機能安全に関する講演とPFDavgの演習を通して、機能安全の初心者の方にも理解が深まるよう安全計装システム構築に必要な基本的な考え方をご理解いただくことを目的としております。
 皆さまのご参加をお待ちしております。宜しくお願い申し上げます。
 また、ご関心のある方々などへ、本メールを転送・紹介していただけますと幸いです。

主 催

(一社)日本電気計測器工業会(JEMIMA)
産業計測機器・システム委員会 機能安全調査研究WG

無 料:プログラムNo.1 機能安全に関する講演(アーカイブ配信)

配信期間

2022年7月22日(金) 9:00~28日(木) 17:00

開催形態

アーカイブ配信(Zoom)

定 員

100名

参加費用

無 料

内 容

IIFES 2022 JEMIMA委員会セミナー 機能安全調査研究WG 講演(60分)、「はじめての機能安全 -リスク評価後から安全要求仕様作成まで-」のアーカイブ配信となります。

申し込み方法

JEMIMAホームページからお申込みください。

・プログラムのNo.1とNo.2は個別申し込みとなります。
・定員になり次第、受付終了とさせていただきます。ご了承ください。

有 料:プログラムNo.2 PFDavgに関するセミナーとその演習(ウェビナー)

日 程

2022年7月29日(金) 10:00~16:30

開催形態

ウェビナー(Zoom)

定 員

24名

参加費用(先払い)

3,000円(税込み)

内 容

1) 開会・主催者挨拶
2) 解説:機能安全におけるPFDavgについて  
休憩(80分)
3) 演習::PFDavgの演習 (13:00~16:30)
ブレークアウトルームによるグループ単位での実施となります。
カメラ オン、マイク オンでの対応をお願いいたします。
4) 閉会・主催者挨拶

申し込み方法

JEMIMAホームページからお申込みください。

・プログラムのNo.1とNo.2は個別申し込みとなります。
・参加費用の振込方法についてはこちらからご案内いたします。
・定員になり次第、受付終了とさせていただきます。ご了承ください。