数学協働プログラムの今年度(2014年度)の公募受け付けを4月21日から開始しております。今年の目玉は若手研究者や萌芽的提案を意識した「ワークショップ(奨励枠)」の新設と、昨年度は協力機関限定で行っていた「スタディグループ」の公募です。締切は5月29日(木)の正午となっております。
当プログラムの協働研究情報システム から申請してください。ダウンロードページに操作手引書がありますので、御参照ください。

 以下、数学協働プログラムに関する若干の説明を致します。

 数学協働プログラムでは全国の数学・数理科学研究者と諸科学分野や産業界の研究者・技術者との議論の場としてのワークショップやスタディーグループの公募を実施しております。これらは諸科学・産業が抱える具体的課題を数学・数理科学を活用して解決するための糸口を明らかにし、連携研究テーマの具現化・解
決に繋げるためのものです。議論が深められた課題や研究テーマが、戦略的創造研究推進事業の競争的資金等を活用した研究に発展する事も期待されています。

 今回の公募は、昨年度も公募いたしました「ワークショップ」に加え、今年度は文部科学省と大学等の共催による「連携ワークショップ」を受け継ぐ形で「ワークショップ(奨励枠)」を新設いたしました。主に若手研究者の応募や、新たな発想に基づく萌芽的提案を推奨しております。さらに、昨年度は協力機関限定で実施した「スタディグループ」を今年度は公募する運びとなりました。

 数学協働プログラムではFacebook, Twitterによる告知および情報公開も行っております。こちらも合わせてご利用下さい。

公式Facebook ( https://www.facebook.com/CoopMath )
公式Twitterアカウント:@CoopMath