表紙

J-STAGE からオンラインで閲覧できます
(掲載から1年は計測自動制御学会 会員の方のみ)

特集:「安全・安心に貢献するSIトレーサブルな標準物質」

 計測・分析技術は, 暮らしの様々な場面で安心・安全な社会の実現に貢献している.本会の会員になじみが深いであろう長さ・質量・時間等の物理量や硬さ等の工業量の計測に加え, 本会では語られることがあまり多くないと思われるが, 化学・生物に関する計測・分析技術が暮らしに深く結びついている.安心・安全な社会の実現に対する需要の高まりから, これらの計測・分析技術の需要もまた高まる中で, その正確性や信頼性を支えているのは計量標準である.計量標準を知ることで, 正確性や信頼性を再確認できるほか, その限界をも知ることで, 正確なリスク認識の一助となるだろう.  化学・生物分野の計測・分析技術を裏付けるのは, 国際単位系にトレーサブルな標準物質, すなわち濃度及びその不確かさが原理的に正しく与えられた標準物質であり, 近年ますます重要性が高まっている.本特集号では, 物質の正確な純度決定や絶対定量に活用されるようになってきた定量核磁気共鳴分光法, ポストカラム反応ガスクロマトグラフィ, デジタルPCRの解説をはじめ, 最近の標準物質の整備・生産・認証及び, 暮らしに身近な分野を含む標準物質の利活用についての紹介を, それぞれの専門家に執筆いただいた.正確で信頼できる計測・分析の実現に助くことを期待する.

計測と制御 Vol.60 No.08 目次

[リレー記事]「FACE the future」《第31回》CPS実現に向けた取り組みと展望
市川 麻理子(東芝インフラシステムズ)

特集 安全・安心に貢献するSIトレーサブルな標準物質

[総論] 標準物質とその利用について
藤本 俊幸,高津 章子(産総研)
[解説] 定量核磁気共鳴分光法によるSIトレーサブルな標準物質の拡充
井原 俊英(産総研)
[解説] ポストカラム反応ガスクロマトグラフィーによる揮発性有機化合物の SIトレーサブルな特性値の決定
渡邉 卓朗(産総研)
[解説] デジタルPCRを用いた核酸の正確かつSIトレーサブルな定量に向けた動き
柴山 祥枝(産総研)
[解説] 量測定式液中粒子計数装置を用いた液中粒子数濃度一次標準
坂口 孝幸,車 裕輝(産総研)
[解説] 計量法トレーサビリティ制度(JCSS)により供給される標準物質について
上野 博子(化学物質評価研究機構)
[解説] 残留農薬分析の信頼性確保に有用な認証標準物質と技能試験
大竹 貴光(産総研)
[解説] 標準物質生産者の認定について
保坂 守男(日本適合性認定協会)
[解説] 標準物質の認証における不確かさ評価について
城野 克広,齋藤 剛(産総研)
[事例紹介] 下痢性貝毒オカダ酸群標準物質の開発と定量分析法
鈴木 敏之(水産技術研)
[事例紹介] 水道水質検査で使用できる標準物質
小林 憲弘(国立衛研)
[事例紹介] 化学物質バイオモニタリングにおける分析精度管理
磯部 友彦, 小林 弥生, 岩井 美幸, 中山 祥嗣(国立環境研)
[事例紹介] 粒子個数濃度標準液の製造とその利用について
佐久間 都(JSR)
[新人研究者によるサーベイ報告] 透過電子顕微鏡による測長技術開発の動向
小林 慶太(産総研)
[部門だより] 第8回制御部門マルチシンポジウム報告
劉 康志(千葉大)
[編集後記] 林 敏行(産総研)