学会賞

 学会賞には、現在「功績賞」、「論文賞」、「技術賞」、「著述賞」、「新製品開発賞」、「教育貢献賞」、「国際標準化賞」、「SICE Annual Conference Award」、「学術奨励賞(研究奨励賞、技術奨励賞)」の9つの賞があります。 

功績賞 は,本会が関与する分野において,科学技術の進歩,産業の発展,もしくは,教育・啓蒙に関し,永年にわたって特別の功労があり,その功績がとくに顕著な者に対し贈呈されます。
論文賞 は,本会が関与する科学技術の分野において,学問技術の発展に寄与するところの大きい論文の著者に対し贈呈されます。
技術賞 は,本会が関与する技術および産業の分野において,新しい方式,デバイス,製品,設備等を創案,または実施することによって顕著な効果をもたらした技術的業績に対して,それぞれを実現した個人または団体に対し贈呈されます。
著述賞 は,本会が関与する科学技術の分野において,その発展に多大の貢献があると認められる学術および(または)教育に関する著作物(図書,モノグラフ)の著者に対し贈呈されます。
新製品開発賞 は,本会が関与する科学技術の研究を通じ,産業の分野の発展に貢献が大きいと認められる新製品を創案して実施した賛助会員に対し贈呈されます。
教育貢献賞 は,著作,本会会誌解説記事,本会主催講演会・講習会,その他の活動を通じて,本会が関与する科学技術の分野において,その教育に多大の貢献があると認められる個人に対して贈呈されます。
国際標準化賞
(功績賞、奨励賞)
は,本会分野における国際標準規格の提案および制定に中心的に関わり,本会国際標準化委員会の活動と連携した活動を行っている個人または団体に対して贈呈 されます。(功績賞は国際標準規格の制定に貢献した者,奨励賞は国際標準規格の新作案提案に貢献した者を対象とします。)
SICE Annual Conference Award は,SICE Annual Conferenceにおいて英語で発表された論文の中から優秀なものを選定し,論文の著者に対し贈呈されます。
学術奨励賞(研究奨励賞、技術奨励賞) は,本会(部会,支部も含む)が主催する講演会・シンポジウム等の研究発表会において優れた内容の研究報告を行ったあらかじめ登録した登壇者に対して贈呈されます。ただし、年齢35歳以下(発表時)の者を対象とします。


※各賞の詳細は、学会賞規程をご参照ください。

部門・支部表彰

計測部門制御部門システム・情報部門システムインテグレーション部門産業応用部門
ライフエンジニアリング部門

東北支部(2020年度)中部支部中部支部(2020年度)北陸支部
関西支部中国支部(2020年度)四国支部(2020年度)九州支部

各賞候補推薦書、応募用紙、応募ページ

各賞 候補推薦書、応募用紙、募集ページ
論文賞 候補推薦書 (PDFdoc
技術賞 候補推薦書 (PDFdoc
著述賞 候補推薦書 (PDFdoc
新製品開発賞 候補推薦書 (PDFdoc
教育貢献賞 候補推薦書 (PDFdoc
国際標準化賞 候補者薦書 (PDFdoc) 推薦書記載例(PDF)
学術奨励賞
(研究奨励賞、技術奨励賞)
応募用紙 (PDF doc)、応募ページ